« 事件は現場でおきている・・・ | トップページ | WBC »

急がば回れ

プレス連打!DFびゅーん!スカ!?

こんなこと繰り返しているこの頃です。補正という言葉をたびたび耳にしますが、これを言い出すときりがないので違う視点から考えてみることにしてみました。序盤のうちは面白いように決まっていた得点パターンが、タイトルを重ねていくうちに急に決まりづらくなったりします。これは逆にどんどん動きがよくなってきている、と考えることはできないでしょうか?それにあわせたカード配置をすれば一段階上の戦いができる気がします。センタリングマシーンを作ってゴールを量産する選手を作るとなると、少し勝手は違いますが、似たように動きにあわせたカード配置が必要になってくる気がします。ただ単純にサイドを突破するのではなくワンクッションおいてみたり、KPを工夫してみたり、やれることはいろいろある気がします。今回のはバージョンでは前回よりもKPの特徴がしっかりでていると思います。最近はKPを何にするかから考えてチームを作ったりしています。チーム考えてる時が一番楽しい気がするなぁ・・・。

|

« 事件は現場でおきている・・・ | トップページ | WBC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/371869/28502014

この記事へのトラックバック一覧です: 急がば回れ:

« 事件は現場でおきている・・・ | トップページ | WBC »